大麻にて・・・ ミヤマホオジロ


ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ


今朝(3月7日)、大麻で見かけた ミヤマホオジロ(スズメ目ホオジロ科 16cm 冬鳥)雄 です。

10:00 ごろに大麻神社の裏へ行きますと、梅の木に ホオジロ らしい鳥が留まっていました。

・・・・が、帰って写真を見ますと ミヤマホオジロ雄でした。

2005年1月 に見たきりですので、およそ8年ぶりのご対面です。


ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ

(撮影:Canon EOS 5D MarkⅢ + Canon 100-400mm, no triming & triming)


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

冠羽がある・ ミヤマホオジロ

 

ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ 

 

ホオジロはよく見かけますが、ミヤマホオジロ(スズメ目ホオジロ科 16cm 冬鳥)は、これまで眉山と大麻で3度ほどしか見たことがありません。

 

野鳥図鑑によりますと、雄成鳥は頭頂と顔、胸は黒く、頭頂は短い冠羽になる。喉は黄色。眉斑は中央が黄色くて、その前後は白ぽい。側頸と腰は灰色。背、肩は茶褐色で、黒褐色の縦斑がある。下胸から体下面は白色で、脇には褐色の縦斑がある。尾は黒褐色で、中央尾羽が茶褐色。雌は胸に黒色斑がなく、頭頂と顔、胸は褐色。雄に比べて黄色みに乏しく、眉斑と喉はわずかに黄色みを帯びた淡いハブ色。上面は雄より淡色。夏羽と冬羽では羽色に大差はないが、夏羽のほうが濃い。漢字名は「深山頬白」。

 

写真は、すべて2005.01.10に眉山で見かけたミヤマホオジロです。この時は、10羽ぐらいの群れを作っていました。

 

上の2枚は、雄成鳥です。ホオジロ科の鳥は、いずれも雄の方が派手なようです。

 

ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ

 

中央の2枚は、雌成鳥です。ミヤマホオジロは普通のホオジロに鶏冠を付けたよう感じですが、雌は清楚な感じがしますし、雄の喉と眉斑の黄色も鮮やかです。

 

下の写真は地上で見かけたミヤマホオジロで、左下が雌、右下が雄です。あまり人見知りせず、意外と近くで撮影できました。

 

ミヤマホオジロ  ミヤマホオジロ

 

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で31年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。マラソンや水泳の話も時には挟みながら、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ