今年も見た・・・・ ベニマシコ

 

ベニマシコ  ベニマシコ 

 

およそ3年ぶりに、今年もベニマシコ(スズメ目アトリ科 15cm 冬鳥)を見かけました。

 

野鳥図鑑によりますと、尾が長く、嘴が丸く小さいのが特徴。雄成鳥夏羽は全体が紅色で、前頭から後頭は白っぽく、黒褐色の縦斑がある。眼の後方や頬、喉は白っぽく、背には黒褐色の縦斑がある。翼は黒褐色で、大・中雨覆の羽先が白く、2本の翼帯になり、各羽の羽縁も白い。腰は紅色。尾羽黒っぽく、腹からの体下面は白い。雌は全体に淡いハブ色で、頭部から背、喉から胸、脇にかけて黒褐色の縦斑がある。成鳥冬羽は雌雄とも夏羽より淡色になり、三列風切外弁の白色部は広くなる。

 

最初に見たのは、2005.11.20に初めて大河原高原へ行った時です。全く勝手が分かりませんので、ネイチャーセンターに寄って吉田さんに情報をお伺いしますと、 「3日ほど前に、頂上から少し下った所でベニマシコを見かけた」とのことでしたので、頂上へ行ってみました。

 

頂上の駐車場に車を駐めて100米ほど坂道を下り、情報をいただいた辺りに行って見ますと、薄暗くてよく分かりませんが樹の間をチョコチョコ動く鳥がいましたので、とにかく撮影して見ました。その時の写真が上の2枚と、左下の写真です。

 

初めて見る鳥でしたので、ネイチャーセンターにメールで問い合わせますと、 「ベニマシコです」という返事をいただきました。

 

その後は大河原高原でカッコウやホトトギス、オオルリなどを見かけましたが、ベニマシコには会えないままになっていました。ところが、今年の1月3日に出島野鳥園でチュウヒやハイタカを撮影していたところ、10:03頃に東観察舎のすぐ前に右下のベニマシコがやって来ました。

 

その時はレンズをマニュアルに変えて、林をバックに飛ぶチュウヒを撮影する練習をしていましたので、咄嗟にはマニュアルでのピントが合わずピンボケになってしまいましたが、まさか出島でベニマシコに出会うとは思ってもいませんでした。

 

雌雄の別は分かりませんが、撮影月から考えて冬羽ではないかと思います。

 

ベニマシコ  ベニマシコ

 

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で31年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。マラソンや水泳の話も時には挟みながら、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ