公園にて・・・・・・・・ キジバト

キジバト  キジバト


今朝(11月30日)、徳島公園で見かけた キジバト(ハト目ハト科 33cm 留鳥)です。

7:20ごろに弁天池へカワセミを見に行きましたが、居ませんでしたので、帰りに見かけたキジバトを写しました。

この時間帯は薄暗いので、Sigma 120-300 F 2.8 に1.4倍のテレコンを付けて持参しましたが、このレンズは 2.7 kg ありますので、Canon 100-400mm F 4.5-5.6 (1.4 kg)のようにストラップで頸にかける訳にはいきませんでした。

なお、現在発売中の Sigma 120-300mm F2.8 は手ぶれ防止機能が付いていますが、私が6年前に買った機種は手ぶれ防止が付いていませんので、いささか不便です。


(撮影:Canon EOS 7D + Sigma 120-300mm F2.8×1.4倍テレコン, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

鳴門山にて・・・・・・ キジバト

 

キジバト  キジバト

 

一昨日(8月28日)、鳴門山展望台で見かけた キジバト(ハト目ハト科 33cm 留鳥)です。

 

タカの渡り観測中に、展望台東側の樹にやって来ました。ドバトは居着いていてよく見かけますが、キジバトは滅多に見かけませんので、渡りの途中だったかも知れません。

 

頸にある数本の縞模様が特徴的ですね。

 

(撮影:Canon EOS 50D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

よく見かける・・・・ キジバト

 

キジバト  キジバト 

 

キジバト(ハト目ハト科 33cm 留鳥)は留鳥で徳島にも一年中いますので、どこへ行ってもよく見かけます。

 

野鳥図鑑によりますと、雌雄同色。成鳥は頭部から背と胸からの体下面は灰褐色で、やや紫色みを帯びる。側頸には紺色と青灰色の縞模様がある。肩羽と翼の大部分は黒褐色で、初列・次列風切等を除き、茶色で太い羽縁がある。嘴は黒く、足は赤紫色。虹彩は橙色で、眼の周りは皮膚が裸出して赤く、繁殖期には大きく裸出する。幼鳥は全体に灰色みに乏しく頚輪がない。虹彩の色赤みが淡い。

 

公園などでよく見かけるドバトと同じ大きさなので間違えやすいのですが、キジバトは頸に3~4本の縞模様があるので、すぐに区別ができます。

 

写真は、徳島公園か園瀬で2005.4.15から2007.08.19の間に撮影したキジバトです。

 

右下のキジバトは2006.08.15に園瀬で見かけましたが、あまりにも暑いので水浴びをしていました。気持ちが分かりますね~。

 

キジバト  キジバト

 

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で31年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。マラソンや水泳の話も時には挟みながら、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ