松茂で・・・ ツルシギ(7)


9月16日に、松茂で見かけた ツルシギ(6)の続編です。

17日以降は居ませんでしたので、これが最後の写真です。

( The End )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4, no triming & triming)


松茂で・・・ ツルシギ(6)


9月16日に、松茂で見かけた ツルシギ(5)の続編です。

水面が穏やかでしたので、トリミングしてみました。

( to becontinued )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4, no triming & triming)


松茂で・・・ ツルシギ(5)


9月16日に、松茂で見かけた ツルシギ(4)の続編です。

しきりにエサを啄んでいましたが、何を食べているのかよく分かりませんでした。

( to be continued )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4, no triming)


松茂で・・・ ツルシギ(4)


9月16日に、松茂で見かけた ツルシギ(3)の続編です。

トリミングしますと、アカアシシギ と違って嘴の下側だけ赤いのが分かります。

( to becontinued )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4, no triming & triming)


松茂で・・・ ツルシギ(3)


9月16日に、松茂で見かけた ツルシギ(2)の続編です。

セイタカシギ゙ と仲良く採餌をしていました。

( to becontinued )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4, no triming & triming)



松茂で・・・ ツルシギ(2)


9月16日に、松茂で見かけた ツルシギ(1)の続編です。

車から撮影しましたが、あまり警戒心がないようです。

( to becontinued )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4, no triming & triming)


松茂で・・・ ツルシギ(1)


9月16日に、松茂で見かけた ツルシギ(チドリ目シギ科 32cm 旅鳥) です。

前日の15日にも見ましたが、ツルシギ か アカアシシギ か確認するために10時前にハス田へ行きますと、セイタカシギ゙3羽と一緒に採餌をしていました。

嘴の上側が黒色ですので、ツルシギに間違いないようです。

( to becontinued )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4, no triming & triming)


松茂で・・・ ツルシギ(1)


今日(9月15日)、松茂で見かけた  ツルシギ(チドリ目シギ科 32cm 旅鳥) らしき個体です。

雨があがりましたので昼休みにハス田へ行きますと、アオアシシギ 、コアオアシシギ、イソシギ、セイタカシギ の他に、ツルシギ(らしき個体)を見かけました。

アカアシシギとの鑑別が問題ですが、この個体の嘴は長くて下側だけが赤いので ツルシギ と考えました。

ツルシギ だとすれば、2005年に見かけたきりですので、実に11年ぶりの再会です。


(追伸)9月16日に確認しましたが、ツルシギに間違いありません(2016.09.16 12:15追記)。

( to be continued )


ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

ツルシギ  ツルシギ

(撮影:EOS 7D MarkⅡ+Canon 100-400mm ISⅡ×1.4,  triming)


夏羽が見たい・・・・ ツルシギ

 

ツルシギ  ツルシギ  

 

数年前にハス田で見かけた ツルシギ(チドリ目シギ科 32cm 旅鳥)です。ちなみに、旅鳥は春と秋の渡りの時期に日本に立ち寄りますので、年に2回見られることになります。

 

野鳥図鑑によりますと、雌雄同色。成鳥夏羽は特徴的な色彩で迷う種はいない。全体にすすけた黒色で、上面の白い羽縁は反転や切れ込み斑状になっている。アイリングは白い。嘴は黒色で、下嘴基部は赤い。足は細長く、赤色。冬羽は頭部からの上面が灰褐色で、白い羽縁とその内側に黒褐色斑がある。眉斑は白く、過眼線は褐色。頬、喉からの体下面は白い。嘴基部と足は夏羽より淡色。幼鳥は成長冬羽に似ているが全体に暗色で,上面には小さい白斑が多い。喉からの体下面は灰褐色の縦斑と横斑が密にある。和名は「鶴鴫」。

 

上の2枚は2005.11.04にハス田で見かけ、デジスコで撮影しました。いずれも冬羽ですが、左上の写真でアオアシシギに混じって、嘴の赤い1羽がツルシギです。

 

(撮影:Nikon EDⅢ + Turboadapter 30×WF + Nikon Coolpix, 4300, no triming)

 



左下は2005.11.02に見かけました。右下は2007.10.02にハス田で見かけた冬羽ですが、左側の鳥はアオアシシギです。

 

夏期は蓮の葉が茂っていますので、これまで夏羽は見たことがありません。そこで、インターネットから夏羽のツルシギをリンクさせていただきます。シギ類の夏羽は赤くなる場合が多いのですが、真っ黒に変身するのは珍しいですね。

 

ツルシギ  ツルシギ

 

(撮影:Canon EOS 20D + canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で31年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。マラソンや水泳の話も時には挟みながら、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ