動物園にて・・ホオジロカンムリズル

ホオジロカンムリズル  ホオジロカンムリズル


12月4日に、徳島動物園で見かけたホオジロカンムリズル です。


午前中に植物園で所用がありましたので、久しぶりに動物園に寄ってみました。


ツキノワテリムク は居ませんでしたが、 キンケイ ギンケイ ショウジョウトキクロトキクロエリセイタカシギ などが飛び回っていました。


ホオジロカンムリズル  ホオジロカンムリズル


(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm,  triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

動物園にて・ モモイロペリカン

 

モモイロペリカン  モモイロペリカン    

 

天気がサッパリしませんので、回顧録で昨年の12月27日に徳島動物園で見かけた モモイロペリカン(ペリカン目ペリカン科 140cm)を掲載します。

 

インターネットで調べますと、「ヨーロッパ南東部から中央アジア(黒海、カスピ海、アラル海沿岸等)とアフリカで繁殖するが、繁殖地はやや局地的である。冬季は、アフリカ中部から南部、パキスタン、インド、ベトナム南部等に渡り越冬する。日本では、迷鳥として沖縄県で数例の観察記録がある。この他、各地において飼育されていた施設から逃亡した個体が観察されている」そうです。

 

なお、「日本の野鳥 590」にも掲載されており、まれな迷鳥として1979年以降、沖縄島や石垣島などで記録があるそうです

 

追伸 : これまでの動物園の鳥は 「総集編」 に、まとめて掲載しています。

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・  フラミンゴ

 

フラミンゴ  フラミンゴ

 

昨年の12月27日に、徳島動物園で見かけた フラミンゴ(フラミンゴ目フラミンゴ科)です。

 

インターネットで調べますと、「アフリカ、南ヨーロッパ、中南米の塩湖や干潟に生息する。 塩湖やアルカリ性の湖といった特殊な環境に適応しており、数千羽から百万羽程度の巨大な群れを形成する」そうです。

 

淡いピンク色をしており、背中には紅色の縞模様がありますので、 チリーフラミンゴではないかと思います。

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・・ イワシャコ

 

イワシャコ  イワシャコ

 

1月3日に徳島動物園で見かけたイワシャコ(キジ目キジ科 30~50cm)です。

 

日本の国鳥はキジですが、尾が短いのでどう見ても キジ の仲間とは思えませんね。

 

なお、イワシャコは イラク と パキスタンの国鳥だそうですので、その地方でよく見られる鳥だと思います。

 

イワシャコ  イワシャコ

 

(撮影:Canon EOS 7D + canon 100-400mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・・・・ クロトキ

 

クロトキ  クロトキ

 

1月3日に徳島動物園で見かけた クロトキ(コウノトリ目トキ科 68cm 希な旅鳥)です。

 

野鳥図鑑によりますと、雌雄同色。成鳥は全体に白く、頭部や上頸は皮膚が裸出していて黒い。下に湾曲した黒く長い嘴を持つ。幼鳥は頭部などの皮膚の裸出がなく、灰黒色の羽毛が生えている。

 

インターネットで調べますと、「中国東部、東南アジアの限られた地域と、インド、スリランカで繁殖し、中国で繁殖した個体は冬季東南アジアへ渡り越冬する。」そうです。

 

日本にもまれに渡来することがあるようです。ショウジョトキのように派手なトキではありませんが、何となく質素でスマートな感じがします。

 

クロトキ  クロトキ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・・・ ギンケイ

 

ギンケイ  ギンケイ

 

1月3日に徳島動物園で見かけたギンケイ(キジ目キジ科 ♂120~150cm ♀50~70cm)の雄です。

 

キンケイ(金鶏)が居るのであれば ギンケイ(銀鶏)も居るのではないかと思っていましたが、同行した身内の一人が私より上手に撮していました。左上の写真がキンケイで、あとの3枚がギンケイです。

 

インターネットで調べますと、「全長はオスで1.2~1.5mと大型だが、その半分以上が長い尾羽で占められる。メスは50~70cmほど。オスは緑と白を基調とした派手な色彩をしている。赤い冠羽と、襟首の日本兜のしころ状を呈する白と黒の飾り羽が特徴。メスは他種のキジ類同様、比較的地味である。主に中国南西部からチベット、ミャンマー北部にかけて分布しており、標高の高い山岳地帯の薮や竹林に生息している。」のだそうです。

 

キンケイとの雑種が多いそうですが、キンケイより少し地味な感じがします。雌は写っていませんでした。すべてノートリミングです。

 

ギンケイ  ギンケイ

 

(撮影:Canon EOS 50D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・・・ キンケイ

 

キンケイ  キンケイ

 

1月3日に徳島動物園で見かけたキンケイ(キジ目キジ科 雄90cm 雌60cm)です。

 

インターネットで調べてみますと、「主に中国南西部からチベット、ミャンマー北部にかけて分布。標高900~1100mの山地に棲息し、住環境としてササやシャクナゲの密生した藪のような場所を好む。オスは90cm前後。メスは50~60cmほど。オスは赤と金属光沢のある黄色を基調とした派手な色彩をしている。網目模様が入った褐色の尾羽、毛髪状の金色の冠羽、襟首の日本兜のしころ状を呈する明るい黄色と黒の飾り羽が特徴。全身が明るい黄色を呈する飼養品種があり、俗に「黄金キンケイ」と呼ばれる。メスは他種のキジ類同様褐色に黒っぽい斑模様で比較的地味である。」とのことです。

 

上段が雄、下段が雌です。日本のキジの雄雌と似た感じがしますが、雄の色彩は派手ですね~。

 

雄は尾が長いので、全身を写すのに苦労しました。日本の キジ よりも尾が長く、サンコウチョウ といい勝負ですね。

 

追記 : 動物園の鳥は野生ではありませんので、野鳥のカテゴリーには入れていません。

 

キンケイ  キンケイ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

 

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・ クロエリハクチョウ

 

クロエリハクチョウ  クロエリハクチョウ

 

1月3日に、徳島動物園で見かけたクロエリハクチョウ(カモ目カモ科 120cm)です。

 

野鳥図鑑には掲載されていませんのでインターネットで調べますと、「南アメリカ南部、チリやパラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイなどに分布。ハクチョウの仲間では最も小型の種類のひとつ。体が白く、首の部分の羽が黒いことから、他種と識別するのは容易です。目の周囲は白く、くちばしは灰黒色です。くちばしの付け根にはピンク色のこぶ状突起があります。これは成長するにつれて大きくなるほか、オスの方がメスのものよりも大型になります。」とのことです。

 

大型のオオハクチョウ(約150cm)は徳島でも若鳥を一度だけ見たことがありますが、クロエリハクチョウはコハクチョウと同じぐらいの大きさで120cmほどだそうです。

 

赤いリボンを付けて、フライングゲージの中で盛んにデモンストレーションをしていました。

 

追記 : 動物園の鳥は野生ではありませんので、野鳥のカテゴリーには入れていません。

 

クロエリハクチョウ  クロエリハクチョウ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・ マレーウオミミズク

 

マレーウオミミズク  マレーウオミミズク

 

1月3日に、徳島動物園で見かけたマレーウオミミズク(フクロウ目フクロウ科)です。

 

野鳥図鑑には掲載されていませんので、インターネットで調べますと、 「マレー半島、ジャワ島、ボルネオ島、スマトラ島などに分布する魚食性のミミズクです。北海道のシマフクロウも Fish Owl に属し、ウオミミズクの仲間は通常、森林に流れる川のほとりの樹上にとまり、急降下して水面近くの魚を掴み取ります。魚食性のフクロウですが、ほかにもカニやザリガニ・両生類鳥類・大型昆虫類などを捕食します。魚を捕らえるのに適した長い爪が特徴です。」とのことです。つまり、マレーの魚(ウオ)を食べるミミズクと言うことになります。

 

フクロウ目の鳥は、私はアオバズクコミミズク、トラフズク(未掲載)しか見たことがなく、フクロウも未だ見ていませんが、かなり大きいミミズクの感じがしました。

 

ところで、フクロウとミミズクはどこが違うのか、インターネットで調べてみますと、「イヌやネコの耳のように2つの羽角がツンと立っていたら「ミミズク」で、何もなければ「フクロウ」です。ただし、羽角は長く伸びたものから、コミミズクのようにほとんど判別できないものまであり、形もさまざまである。」のだそうです。ややこしいですね~。

 

マレーウオミミズク  マレーウオミミズク

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, no triming)

 

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・ ホオジロカンムリヅル

 

ホオジロカンムリヅル  ホオジロカンムリヅル

 

昨年の12月27日に、徳島動物園で見かけたホオジロカンムリヅルです。

 

全長が1米ほどのツルですが、アフリカ南部の湿地や沼で生息し、ウガンダの国鳥だそうです。ちなみに、日本の国鳥はキジです。

 

カンムリヅルによく似ていますが、頬が白っぽいのが特徴だそうです。

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で31年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。マラソンや水泳の話も時には挟みながら、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ