見つけました!・・・ コクガン

コクガン  コクガン

 

「吉野川河口にコクガン飛来!」の徳島新聞を見て、2月22日に見に行きましたが、残念ながら見つけることができませんでしたので、今朝あらためて挑戦してみました。

 

10時過ぎから堤防を歩き、双眼鏡でくまなく見渡しましたが、それらしき姿が見えません。そんな筈はない! 森本さんからも確かに居たとのコメントをいただいていましたので、今度は望遠鏡を持ち出してくまなく探したところ、居ました、居ました!

 

中洲の東端でヒドリガモと一緒にコクガン(カモ目カモ科 61cm冬鳥)が2羽、せせっと海藻を捕食していました。かなり引き潮でしたので、海岸まで降りてCanon 400mmで写したのが上の写真です。

 

左上の写真には左の方に1羽、右側の写真には真ん中に羽を広げたコクガンが1羽(?)居るのがお分かりでしょうか? 

 

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)
 



液晶モニターで見ても、はっきりしないほど小さいので、望遠鏡にデジタルカメラを取り付けて写してみました(通称:デジスコ)。

 

コクガン  コクガン

 

11:13 から写しましたが、ミサゴが飛んだのにビックリしたのか 11:28 にどこかへ飛び立ちました。右下の写真の上側に杭が見えますが、実はこの杭の上にミサゴが3羽留まっていました。

 

コクガンを見つけるまでは晴れていたのですが、この頃はすっかり曇っていましたので、サッパリしない証拠写真しか撮れず残念でした。

 

しかし、今期は出島のトモエガモに続いて2羽目のライファーですので、大収穫としましょう! まだ居るようでしたら、再挑戦してみたいと思っています。

 

コクガン  コクガン


(撮影:Nikon ED? + Turboadapter 30×WF + Sony DSC W-7, no triming) 

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タカの渡り近づく・・・ ハチクマ

ハチクマ  ハイタカ   
       (ハチクマ)              (ハイタカ) 

 

2月も今日で終わり。3月になりますと、やがて鳴門山展望台で待望のタカの渡りが始まり、寒い冬の間、南シナ海付近で越冬していたタカが北に向かって帰ってきます。

昨年春の記録を調べてみますと、3月8日から6月1日まで野鳥の会のメンバーが克明にカウントしていますが、ノスリが3月8日から1,503羽、ハイタカが3月8日から73羽、サシバが3月25日から462羽、ハチクマが5月17日から24羽、観測されています。

昨年秋の観測は8月31日から11月30日まで行われましたが、ノスリ 1,410羽、ハイタカ 43羽、サシバ 2,785羽、ハチクマが406羽観測されています。

タカの数としては秋の方が圧倒的に多いのですが、何と言っても春は気候がよく、サシバやハイタカなどが意外と近くを飛んでくれますし、春の日射しを浴びながら鳴門海峡や鳴門大橋を見下ろしているだけでも爽快です。

と言うわけで(?)、昨年春に見かけたハチクマ(左上)、ハイタカ(右上)、ノスリ(左下)とサシバ(右下)を、今期の目標として記録しておきます。

なお、鳴門山展望台では、オオタカ、ツミ、チョウゲンボウ、チゴハヤブサ、ハヤブサ、ミサゴなども見られますが、ハヤブサとミサゴは渡り鳥ではなく留鳥の可能性が高いので、正式なカウント(何月何日の何時何分に、どのタカが、どちら向きに飛んだか記録すること)の対象には含まれていません。

さて、いつから飛んでくれるのかな・・・・・・?
 

と思っていましたが・・・、今日の夜、日本野鳥の会徳島県支部から届いたUさんの「2009年 春の渡り」 情報によりますと、既にノスリが2月21日に1羽、今日(28日) は30羽飛んだとのことです。

 

これは、うかうかしておれません!

 

ノスリ  サシバ  
     (ノスリ)                 (サシバ)

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

珍しい冬鳥・・・・・・ ヘラサギ

ヘラサギ  ヘラサギ 

 

出島は実に意外性のある野鳥園ですので、私が好きなスポットのひとつです。タカはもちろんのこと、数少ない冬鳥と言われるヘラサギ(コウノトリ目トキ科 83cm 冬鳥)が来ることもあります。

 

2月も終わりに近づきましたので、古い画像を日記に残しておきたいと思います。これまで、出島で 2005.02.11 と 2005.03.06 に2回見かけましたが、上の写真は2005.03.06 に見かけたヘラサギです。

 

くちばしが長くヘラのような形をしていますので、この名前がついたそうですが、国の天然記念物に指定されている トキ と同じ仲間です。

 

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm L IS USM, triming)

 


 

ヘラサギ  ヘラサギ


出島以外では出会わないと思っていましたが、嬉しいことに2007.02.6に吉野川河口で、
親子ではないかと思われる2羽が一緒に居るのを見かけました。

 

嘴の黒いのが成鳥、嘴が黄色いのが若鳥ではないかと思います。2羽が並んで、
せっせと捕食をしていました。

 

羽先が黒いのが若鳥の特徴だそうですが、何とも可愛い仕草ですね~。

 

ヘラサギ  ヘラサギ

 

(撮影:Canon EOS 30D + Canon 100-400mm L IS USM, triming)  

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

公園の蜂須賀桜に・・・ メジロ

蜂須賀桜  蜂須賀桜

 

♪  も~すぐ 春ですね~  ♪

今日は天気が良かったので、昼休みに徳島公園で桜の状況を見てきました。徳島公園は野鳥の宝庫でもありますが、桜の名所でもあり、3月末頃から花見客で賑わいます。

 

最も多いソメイヨシノは未だつぼみの状態ですが、テニスコートの下側に20本ほど植えられている蜂須賀桜(はちすかざくら)は、意外に早くて5分から7分咲きになっていました。

 

メジロも嬉しそうに密を吸っていましたが、もうすぐ春ですね~。


 

メジロ  メジロ


(撮影:Canon EOS 20D + Tamron 18-270mm F/3.5-6.3, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

公園にやって来た・・ コマドリ

コマドリ  コマドリ 

 

♪  ヒン~ カララララララ・・・・ ♪


またまた2年前の話です。平成17年4月15日の午前6時頃に、急に自宅の電話が鳴りました。ビックリして受話器をとると、「徳島公園のバラ園の前にコマドリが来てるから、すぐいらっしゃい!」とのこと。


前にヒレンジャヤクが眉山に来ていることを知らせてくれた友人の奥様からであった。ご主人同様に山歩きが趣味で、鳴き方で鳥の種類が分かるベテランでもある。徳島公園のすぐ前に自宅があり、公園を散歩していてコマドリ(スズメ目ツグミ科 14cm 夏鳥)のさえずりで気がついたとのこと。


もちろん夢の鳥なので、俊足(?)を飛ばして5分ほどで駆けつけたところ、奥さんがバラ園の前で待っていてくれましたが、すぐ近くの「どっこいしょ坂」あたりから、朝の静寂を破って「ヒン カララララ・・・」と甲高いさえずりが響いていました。


ドキドキしながら、どっこいしょ坂を20米ほど上がった路のすぐそばの灌木にコマドリが留まり、盛んにさえずっていました。上の2枚は4~5米ほどの距離から震えながら撮った写真で、もちろんノートリミングです。  



全く逃げようとしないので、3米ほどに近づいて撮ったのが下の写真です。胸に黒帯があるので、オスかも知れません。


コマドリは通常は高い山のクマザサ等の茂った渓谷や斜面に住むそうですが、春の渡りには低い山や低地でさえずっていることもあるとのことで、その後2日ほど、さえずりは聞こえましたが姿は見えませんでした。今後は剣山にでも行かなければお目にかかれない鳥が、標高わずか61米の城山で見られたのは、実にラッキーでした。


ところで、コマドリの漢字名は「駒鳥」ですが、さえずりが駒(馬)のいななきに似ていることから名前がついたと言われています。

 

コマドリ  コマドリ

(撮影:Canon EOS 30D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

愛嬌のある鳥・・・ コミミズク

コミミズク  コミミズク  

 

またまた在庫からですが、春の訪れを感じる季節になりましたので、とても愛嬌のあるコミミズク(フクロウ目フクロウ科 38cm 冬鳥)を日記に留めておきたいと思います。

2年前の平成17年1月7日に、吉野川市と阿波市にまたがる吉野川の中洲に、徳島県立佐那河内村いきものふれあいの里 ネイチャーセンター 主催の探鳥会がありましたので、大勢の野鳥仲間と一緒に参加させていただきました。

もしかしたら、コミミズクに会えるかも知れないとのことでしたが、あいにくの強風のためか、残念ながらコミミズクには出会えず、ノスリとチョウゲンボウを見かけただけでした。

居るかも知れないと聞くと、無性に見たくなる性格ですので、4日後の1月11日に単独で中洲へ行ってみました。午前8時頃に中洲に着くと、カラス大の鳥が4~5羽道路の上を飛んでいました。コミミズクはそれまで見たことがありませんので、とりあえず写真に撮ってみますと、何と!初めてお目にかかるコミミズクでした。  

 


 

コミミズク   コミミズク


しばらく飛んでは畑の畝に降りて一服(エサ探し?)していましたが、全部で7羽は居たと思います。冬は集団で草地にねぐらを作るそうですが、何とも愛嬌ある鳥ですね~。  

 


 

コミミズク  コミミズク


2時間ほどの間に、コミミズクの色々な姿を見せていただきました。その後は2008.01.06に出島野鳥園でたまたま見かけて以来ご無沙汰していますが、dc_kenさん が同じ中洲で2009.01.06に見かけたとのことですので、いつかは会えるものと思っています。
  

(撮影:Canon EOS 30D + Canon 100-400mm L IS USM, triming) 

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

変わった冬鳥・・ サンカノゴイ

 サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

出島野鳥園は、チュウヒ・ハイタカ・オオタカなどのタカで有名ですが、その他にもヘラサギやトラフズクなど、珍しい鳥に出会えることがあります。

 

サンカノゴイ(コウノトリ目サギ科 70cm 冬鳥)も、そのひとつです。ただし、日中はヨシ原の中か、すぐそばでじっとしていることが多く、ましてや枯れたヨシと全く同色なので、素人が狭い模擬木の隙間からサンカノゴイを見つけるのは至難の業、と言うより無理です。

 

私も4回ほど見ることができましたが、最後に掲載した飛翔姿以外は、すべて出島に詳しい先輩方(とりわけ、Y's さんMさん)に居場所を教わりました。

 

上の2羽は2006.01.29に見かけましたが、最初は何所に居るのかサッパリ分からず、何度か教わってやっと分かりました。


(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)

 


 

サンカノゴイ  サンカノゴイ


この2枚は、2006.02.11の写真ですが、珍しくヨシ原から出てエサを探していましたので、初めて全身を見ることができました。最初に見た時は頸が太くてずんぐりした鳥だと思っていましたが、意外と頸が長いのには驚きました。

 

奇妙な格好をした鳥ですが、それでもアオサギやコサギと同じく、れっきとしたサギ科の鳥なんですね~。


(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)

 


 

サンカノゴイ  サンカノゴイ


最後の2枚は、ごく最近2008.12.27 に見かけたサンカノゴイです。東観察舎でチュウヒが来るのを今か今かと待っているとき、突然ヨシ原から飛び出て東観察舎に向かってきました。最初はチュウヒと思いましたが、目の前へやって来た時にやっとサンカノゴイだと分かり、霧中で写しました。

 

すぐ前の葦原に降りましたので、出てくるのを楽しみにしていましたが、2時間ほど待っても出てきませんでした。

 

上の右側の写真は着陸寸前の様子ですが、翼の後ろ側を真上にたてた姿は、飛行機が着陸したあとスピードを落とすために補助翼を上げるのに似ているような気がしますが、思い過ごしでしょうか?


(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

鳴門で「渦潮開き」・・・タカの渡り近し

鳴門の渦 鳴門大橋 
 

今朝の徳島新聞朝刊によりますと、2月22日に鳴門海峡で春の観光シーズンの幕開けを告げる「渦潮開き」が開かれました。 これから秋にかけて大勢の観光客が鳴門海峡にやって来ますが、同時に春のタカの渡りの幕開けを告げる行事でもあります。

鳴門大橋を見下ろす鳴門山展望台は、信州の白樺峠、愛知の伊良湖岬と同様にタカの渡りが見られることで有名ですが、3月ともなれば「タカの渡り全国ネットワーク」で、各地からタカの便りが聞けるものと楽しみにしています。

なお、左側の渦は2007.08.14に観潮船から、右側の鳴門大橋は2008.11.04に鳴門山展望台から撮影しました。  

 



と言う訳で(?)、昨年3月11日に見かけたノスリを掲載させていただきます。  早々に鳴門山を訪ねましたが、幸いノスリ31羽とハイタカを5羽見ることができました。 

その後の経過は、「徳島県タカの渡り 2008年春」に、鳴門山以外の観測地点の情報も含めて詳しく掲載されています。 

あと2週間もすれば、いよいよ待ちに待ったタカのシーズン到来ですね。
 

ノスリ ノスリ

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

徳島にも来た・・・・・ マガン

今朝(2009.02.22)の徳島新聞朝刊・一面トップに「吉野川河口に絶滅品種・国天然物の
コクガン親子? 飛来」
の見出しで、コクガン2羽の飛翔姿が写真入りで掲載されました。

 

日本野鳥の会徳島県支部によりますと、コクガンは徳島県でも2~3年おきに確認されているそうですが、今年初めて確認したのは1月24日で、3月頃までは滞在する可能性があるとのこと。

 

幸い吉野川河口は私の自宅から車で20分ほどの所にありますので、もしや~もしやで午前8時頃に行ってみましたが、数多いマガモやヒドリガモの中から2羽のコクガンを探すのは私には至難の業でした。

 

とても見つけることができませんでしたので、一旦は引き上げることにしましたが、帰る途中で3年ほど前にマガン(カモ目カモ科 72cm 冬鳥)が徳島県の勝浦川にやって来たのを思い出しました。  

 


 

マガン  マガン

 

野鳥の会の先輩から情報をいただいたので、平成18年1月6日に勝浦川へ行きますと、居ました! 10羽あまりのマガンがヒドリガモとともに、冬の日射しを浴びてノンビリとエサを探していました。

 

冬鳥として主に北日本に局地的に渡来するカモだそうですが、初めて見る北国の鳥に感激しました。 

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)


2日後の1月8日にデジスコでも写してみましたが、川を見下ろす堤防の上は車の往来が多いので、 迷惑を掛けないように写すのには苦労しました。

 

ともあれ、証拠写真程度の写りですが、今度いつ会えるか分かりませんので、この機会に日記に留めておきたいと思います。

 

さてさて、今回話題のコクガンを見ることができれば良いのですが・・・?

 

マガン   マガン 

 

(撮影:Nikon ED? + Turboadapter 30×WF + Nikon Coolpix 4300, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

この冬はじめて・・ ルリビタキ(オス)

ルリビタキ  ルリビタキ

 

この冬はルリビタキ (スズメ目ツグミ科 14cm) のメスしか見ていなかったので、オスを期待して昼頃まで大麻へ行って来ました。

 

予感的中! 着いたすぐに、いきなりルリビタキのオスが来てくれました。恐らく同じ個体だと思いますが、2時間ほどの間に3回見かけました。

 

ルリビタキ  ルリビタキ

 

これまで飛ぶところを見かけたことはありませんでしたが、右側のルリビタキの脇が黄色いのに比べて、左の個体は脇から腹まですべてブルーなのが気になります。夏鳥のオオルリが今ごろ居るはずはありませんので、もしかしたら光線の具合かな?

 

ルリビタキ  ルリビタキ

 

この2枚だけは、少しトリミングしてみました。メスも可愛いですが、オスのブルーは最高ですね~。

 

タカを除けば、ルルビタキは冬鳥の中で私が一番好きな鳥の一つです。良かった、良かった!

 

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今日も来ました・・・ メジロ

メジロ  メジロ

 

 ♪  今日~も 来まし~た 今日~も 来~た こ~の狭い庭に 今日も来~た・・・ ♪

 

いつものメジロ (スズメ目メジロ科 12cm) が、朝早くからやって来て戯れていました。ウイークデーで鳥見に出られない時でも、パソコンに向かっている机の僅か2米ほど前をウロウロしてくれますので、随分と気休めになります。

 

デジタルカメラで写したオリジナルの写真には、撮影日時・カメラやレンズの種類・シャッタースピードやISO感度など、撮影条件がすべて記録されていますので、フリーソフトの Exif Qick Viewer で撮影情報を見てみますと、下の左側の写真は焦点距離 285mm、ISO 1600、TV 1/160 秒で、右下の写真は焦点距離 340mm、ISO 1600、TV 1/125 秒で撮影していました。

 

かなり陽あたりの悪い場所なので ISO を1600に上げていますが、それでもシャッタースピードが1/125~160 秒程度ですので、手ぶれ防止がついていないと、とても手持ち撮影は無理なようです。

 

メジロ  メジロ

 

(撮影:Canon Eos 40D + Canon 100-400mm L  IS USM,  no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

いま話題の・・・・・ ナベヅル

ナベヅル   ナベヅル 

  

今年も1月31日に阿波市で7羽、Y'sさんの報告では2月11日から阿南市で9羽のナベヅルが確認されて話題になっていますので、私も2年ほど前に阿南市で見かけたナベヅルを思い出しました。

 

上のナベヅルは平成17年12月3日に阿南市で見かけました。確か4~5羽だったと思いますが、少し遠いのでデジスコで写した写真です。 

 

(撮影:Nikon ED ? + Turboadapter 30×WF + Nikon Coolpix 4300, no triming) 


  

夢よもう一度で、平成17年12月11日に同じ場所に行ったところ、今度は何と9羽の群れを見かけました。遠くから一応9羽を確認したあと、おそるおそる近づきましたが、エサを漁るのに必死だったのでしょうか、意外と近くまで寄れました。下の左側の写真は9羽の証拠写真で、右側はナベヅルがカラスと話をしている (ように見える?) ところです。

 

ナベヅル   ナベヅル


結構たくさん撮れましたが、少し変わった双頭ヅルのような写真がありましたので、追加させていただきます。それにしても、3年前の9羽が今年もやって来たとは考えられ
ませんが、不思議な偶然ですね~。 

 

ナベヅル   ナベヅル

 

それ以後、ナベヅルと出会えていませんので、まだしばらくは滞在してくれることを願っています。 


(撮影: Canon EOS 30D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)
 

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

眉山に現れた・・ ヒレンジャク

ヒレンジャク  ヒレンジャク

 

「そして今 私は 母の想いにたどり着く。」

 

映画化もされた、さだ まさし の小説 「眉山(びざん)」 で一躍有名になった眉山も、徳島中央公園、吉野川河口とならんで、徳島市内では有数の観鳥スポットです。

 

またまた3年前の話です。平成18年3月22日の夜、山歩きを趣味にしている友人から 「眉山山頂にヒレンジャクが来ているよ」 との電話がはいりました。 この友人は徳島中央公園にコマドリが来た時にも連絡をしてくれました (持つべきは友!  コマドリの写真は、また後日・・・・)。

勿論ヒレンジャク (スズメ目レンジャク科 18cm 冬鳥) は未見の鳥ですので、 翌23日夜が明けるのを待ちかねて、わくわくしながら眉山山頂に出かけました(約15分)。

 

居ました、居ました! およそ30羽ぐらいが群れをなして、山頂のモラエス像の周りをたびたび旋回していました。上の写真は平成18年3月23日に撮影したヒレンジャクです。

 

 ヒレンジャク  ヒレンジャク  

 

すぐ上の2枚と下の2枚は平成18年4月6日に撮影しました。それ以後ヒレンジャクが眉山に現れたという情報は入っていませんが、やがて桜の季節になりますので、大いに期待しています。

 

ヒレンジャク  ヒレンジャク

 

ヒレンジャクはピラカンサ好きですね~。もしかしてキレンジャクが混じっていないか、パソコンで拡大して確認してみましたが、残念ながらすべて下尾筒が赤いヒレンジャクばかりでした。

 

なお近くで見えましたので、私としては非常に珍しく、すべてトリミングなしです。

 

(撮影:Canon EOS 30D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

名にしおわば・・・ ミヤコドリ

ミヤコドリ ミヤコドリ

 

「名にしおわば いざこと問わん みやこどり わが思う人は ありやなしや」 (在原 業平)

 

在原業平が墨田川で見かけた鳥の名前を船頭に尋ねたところ、「ミヤコドリ」と聞いて詠んだ歌だそうですが (一説によれば、船頭がユリカモメを間違えてミヤコドリと言ったとか)、 そのミヤコドリ (チドリ目ミヤコドリ科 45cm 冬鳥) が吉野川河口にも現れることがあります。


私が初めて見かけたのは平成16年12月25日ですが、上の写真は平成17年12月20日に撮影しました。

 

最初に見た時は、何だか黒い鳥がニンジンを咥えているのかと思いましたが、よく見ると、れっきとした自分のクチバシだと分かり驚きました。

 

またまた古い写真で恐縮ですが、平成18年1月22日以後は見かけません。今度いつお目にかかれるか分かりませんので、日記にとどめておきたいと思います。

 

ミヤコドリ  ミヤコドリ

 

ところで、ミヤコドリは真っ黒かと思いきや、飛んだ時の白い羽が実に印象的でした 。
(平成17年4月14日 撮影)。

 

下の2枚は、平成18年2月13日に見かけました。今度はいつ会えるのか、楽しみにしています。なお、幸い近くで撮影できましたので、私としては珍しいことに、すべてノートリミングです。

 

ミヤコドリ ミヤコドリ

 

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

大騒ぎになった鳥・・・ オジロビタキ(オス)

オジロビタキ  オジロビタキ


2年ほど前の古い話ですが、平成18年の11月から19年3月まで徳島中央公園の蜂須賀公の像のあたりにオジロビタキ (スズメ目ヒタキ科 12cm) のオスがやって来て、大騒ぎになったことがあります。


オジロビタキのオスは四国でも珍しいので、現場での混乱を避けるために日本野鳥の会徳島県支部ではインターネットへの掲載は慎重に対応しましたが、「蛇の道は蛇」とでもいうのでしょうか、12月頃から連日のように県外からも野鳥愛好家が来て、カメラの放列ができました。


私もたまたま公園を走っている時にカメラの放列で気がついて、平成18年12月22日に初めて写したのが上の写真です。オジロビタキのオスは喉が赤いのが特徴だそうですが、尻尾をピョコンと挙げた姿は本当に可愛いですね~。


蜂須賀項の像を中心に半径20米ほどの場所をあちこち旋回していましたが、「チ チ チ チ・・・」 と特徴のある鳴き方をしますので、居場所を見つけるのは意外と簡単でした。時には下の写真のように愛嬌のある仕草をすることもあります (平成18年12月29日 撮影)。


オジロビタキ  オジロビタキ


下の写真は平成19年1月4日に写しました。最後に私が見かけたのは3月22日ですが、
自宅から10分足らずで行ける場所ですので、昼休みに随分と楽しませてもらいました。

 

結局は3月末まで居たようですが、今度公園に来てくれるのはいつでしょうね~。


オジロビタキ  オジロビタキ


(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, triming) 

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

大麻にて・・・・・・ アトリ

アトリ  アトリ

 

明日の土曜日とあさっての日曜日は、所用のために鳥見ができませんので、昼過ぎまで大麻へ行って来ました。

 

常連のルリビタキ、シメ、アオジ、シロハラ、ジョウビタキ、メジロの他にアトリ(スズメ目アトリ科 16cm)も見かけました。

 

アトリは群れを作って集団で行動し、人影を感じると一斉に地面から飛び立つことが多いのですが、このアトリはどういう訳か単独行動をしており、3米ほどに近づいても逃げようとせず、むしろ近づいてくる感じでした。

 

天気が曇りのうえに薄暗い所に居ましたので、色がはっきりしませんが、胸の桃色の範囲が狭くて色も薄いので、メスの冬羽ではないかと思います。

 

アトリは夏羽と冬羽で色が変わりますし、ましてや雌雄の区別は本当に難しいですね~。

 

(撮影:Canon EOS 40D+ Canon 100-400mm L IS USM, triming)

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

徳島公園にて・・ ジョウビタキ

ジョウビタキ  ジョウビタキ
 
今日は自宅当番のため遠出ができないので、朝8時頃にすぐ近くの徳島中央公園をまわってみました。

 

天気はほぼ快晴で、さほど寒くはなく公園一周2kmコース (私のジョッギングコース) を走ったり歩いたりする人たちが大勢居ました。

 

お目当ては珍しい鳥でしたが、カワセミ・シメ・セグロセキレイ・キセキレイ・ハクセキレイ・ムクドリ・ツグミ・シロハラ・アオサギ・メジロなど常連の鳥たちばかりでしたので、珍しくはありませんが冬鳥の定番・ジョウビタキ (スズメ目ツグミ科 14cm) を掲載させていただきます。

ほとんどの野鳥は雌雄同色の場合が多いようですが、ジョウビタキは同じツグミ科のルリビタキ・ノビタキ・ イソヒヨドリなどと同様に、雌雄がハッキリ分かれています。 
 

今日見かけたのはオスだけでしたので、2004年12月に徳島公園でデジスコで写したジョウビタキのオスとメス (右側の写真)も合わせて掲載させていただきます。
 

DSCN1123-aweb.jpg   DSCN0865-aweb.jpg


ヒタキ科のオオルリ、キビタキやキジもオスの方が派手ですが、何か理由があるのでしょうね~。


(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM , no triming
     Nikon ED? + Turboadapter  30×WF + Nikon Coolpix 4300,   no triming) 

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

冬鳥の雄・・・・・ チュウヒ

チュウヒ  チュウヒ 

 

春と秋は、鳴門大橋を見下ろす鳴門山展望台から、サシバ・ハチクマ・ノスリ・ハイタカ・ツミなどのタカの渡りを見るのが圧巻ですが、12月~1月は何と言っても出島野鳥園のチュウヒ(タカ目タカ科 ♂ 48cm、♀ 58cm) が最高です!

 

毎年この時期になりますと、タカと出島に詳しい Y's さんM さんの報告をもとに、週に一度は出島詣でをしています。出島野鳥園ではチュウヒの他にも、オオタカ・ハイタカ・ノスリ・ハイイロチュウヒなども期待できますが、今期はどういう訳かハイイロチュウヒは見かけず(毎日見ている訳ではありませんが・・・)、タカの出が昨年よりも少ないような気がします。

  

そこで、またまた在庫写真で恐縮ですが、1月23日に見かけた待望のチュウヒを掲載させていただきます。早朝から寒さに耐えて東観察舎で待つことおよそ4時間。いささか諦めかけていた12時過ぎに、チュウヒが悠然と現れました!

 

素早いオオタカやハイタカと違って、チュウヒは観察舎の前をゆったりと旋回してくれますので、撮影自体は意外と楽ですが、スッパリした背景でチュウヒを写すのは至難の業ですね~。

 

私は未だに雌雄の区別がつきませんが、何度見てもチュウヒの鋭い目つきがたまりません。

 

と言うわけで・・・、この2年ほど「タカ病」から抜けられないでいます。

 

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, triming)  

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

デジスコ写真第1号 カワセミ 

カワセミ 

 

古い画像で恐縮ですが、2004年5月30日に園瀬川で写したカワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科 17cm)のデジスコ写真第1号です。

 

遠方の鳥を写すにはデジスコが威力を発揮することをdc_kenさんから教わり、2004年5月7日に以下の器財を購入しました。

 


レンズ : Nikon ED?(60mm) + Turboadapter 30X WF 
カメラ : Nikon Coolpix 4300 
三 脚 : ベルボン ネオカルマーニュ 740 
雲 台 : ベルボン 雲台270G  


   
さて、園瀬川で下見をしますと、このテトラポットに1時間おきにやって来ることが分かりましたので、2004年5月30日の午前8時頃から30米ほど離れた対岸にデジスコを据え、テトラポットに焦点を合わせて待つことおよそ1時間半。

 

見事に予想的中! 9:38 に狙いを定めた対岸のテトラポットの上に待望のカワセミが留まりました。あとは夢中でシャッターをきりましたが、このカワセミが私のデジスコ写真第1号です。

 

その後、2005.07.28にカメラをSony DSC-W7に代えて、もっぱら出島野鳥園でタカを写していますが、およそ100米ほどの距離までは何とか写せますので、とても重宝しています。

  

 (撮影:Nikon ED? + Turboadapter 30×WF + Nikon Coolpix 4300, no triming)

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シメシメ・・・・・・ シメ

 シメ   シメ

 


昨日はトラツグミに失礼しましたので、お詫びかたがた昼前から午後1時頃まで大麻へ行って来ました(仕事は倅に任せて・・・)。


期待のトラツグミは見かけませんでしたが、ルリビタキ(♀)、アトリ、ジョウビタキ、シロハラ、アオジ、メジロの他に、アカハラとシメを見かけました。


シメ (スズメ目アトリ科 19cm) は、同じ仲間のベニマシコ、カワラヒワ、マヒワ、イカル、ウソ(未見)、コイカル(未見)などに比べますと、いかにも獰猛そうな感じがしますが如何でしょうか?


ともあれ、右側のシメは2米ほどに近づいても気にせず、せっせと餌を探していました。


(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, Triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

もうすぐ春ですね~ ウグイス

ウグイス

2月は徳島で一番寒い季節ですが、昼頃に鳴門市の○○神社でウグイス (スズメ目ウグイス科15cm) を見かけました。

すぐそばの茂みにやって来たので、メジロと思って気にも留めませんでしたが、こちらを挑発するように盛んに顔を出すので、やっとウグイスと分かりました。

まだ鳴きませんが、春近しの感じですね。

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS UFM, Triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

大麻でトラツグミに遭遇

トラツグミ 

 

今日は快晴でしたので、昼休みに大麻へ行きました。ウソに出会うのを楽しみにしていましたが、見かけたのはルリビタキ(♀)、シメ、ウグイス、アトリ、ジョウビタキでした。

この写真はシロハラと思って何気なく写したのですが、帰ってパソコンで 見ますと、何とトラツグミ(スズメ目ツグミ科 30cm)ではありませんか!

頭が少しワイアーに掛かっていて残念ですが、大麻で見かけたのはこれで3度めです。

もっとしっかり観察していれば、もう少し近くで撮れたかも知れませんね(反省・・・!)  
 
(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, Triming)   


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

気高き鳥・・・ セイタカシギ

 

セイタカシギ   セイタカシギ

  
またまた在庫からの写真で恐縮ですが、2006年4月に徳島の蓮田で見かけたセイタカシギです。

 

チドリ目セイタカシギ科の鳥だそうで、僅か37cm程の大きさですが、初めて見た時に神々しい姿に感激しました。

 

逃げられては大変と思い、震えながら50mほど手前から慣れないデジスコで写しました。 

 

それ以後に何度か写したセイタカシギの中でも、この画像が一番気に入っています。

(撮影:Nikon ED? + Turboadapter 30×WF + Nikon Coolpix 4300, no-triming)

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

我が家の庭に・・・ ヤブサメ

ヤブサメ ヤブサメ    
 

このところ天気が悪くて鳥見に出かけられませんので、まtまた在庫から2006年4月に我が家の庭に迷い込んで来たヤブサメ (スズメ目ウグイス科 11cm) をアップさせていただきます。

いつものようにパソコンでメールを見ていますと、2米ほどの幅しかない我が家の狭い庭で朝から夕方までウロチョロする鳥が居ました。

最初はスズメと思って気にも留めていませんでしたが、どうもスズメとは違う感じがしましたので、とりあえず写真に撮っておきました。

パソコンで見ますと初めて見る鳥ですのでP-Days Photo BBSに投稿してお尋ねしたところ、先輩方からヤブサメだと教えていただきました(感謝!)。

野鳥の本で調べてみますと、山でしか見かけない鳥だそうですが、徳島市の中心街に現れるとは思ってもいませんでした。

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400mm L IS USM, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

冬鳥の定番・・・ ルリビタキ

ルリビタキ  

在庫から、2月1日に鳴門市の○○神社で見かけたルリビタキ (スズメ目ツグミ科 14cm) をアップさせていただきます。

オスのブルーも綺麗ですが、メス(もしかしてオス幼鳥かも?)の黄色も素敵ですね。

いささかメタボ気味?

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, Triming) 

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

我が家の庭にメジロが・・・

メジロ 

我が家はJR徳島駅のすぐそば、つまり市内の中心街にありますが、徳島中央公園の城山に近いせいか、ウグイス・ジョウビタキ・メジロ、時にはヤブサメが迷い込んで来ることがあります。

今日も朝からメジロ (スズメ目メジロ科 12cm) が2羽来て、狭い庭の中を飛び回っていました。パソコンを打っているすぐ前に来ますので、ガラス戸越しにパチパチと写しました。

(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM、Triming)  

 


続きを読む

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で31年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。マラソンや水泳の話も時には挟みながら、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ