動物園にて・ ツキノワテリムク

 

ツキノワテリムク  ツキノワテリムク

 

今日は大晦日。これまで拙いブログを我慢してご覧いただき、有り難うございました。

 

年末の締めくくりの鳥が野鳥でなくて残念ですが、12月27日に徳島動物園で撮影した東アフリカ原産のツキノワテリムク(スズメ目ムクドリ科)を掲載させていただきます。

 

この鳥をフライングゲージで見かけた時は、綺麗な色彩にビックリしました。しかし、場所によっては籠抜けして野鳥化しているようです。

 

ジョウビタキの黒と赤、カワセミのブルー、アオアシシギの白い虹彩を組み合わせたような鳥ですが、こんな綺麗な鳥がフライングゲージ内を飛び回っていました。

 

私は見たことがありませんが、テリムクと言う鳥が居るそうです。テリムクの胸にツキノワグマのような白い三日月斑があり、光に照り(テリ)かえるようなブルーのムクドリということで付けられた名前かも知れませんね。もう一度、きっちりしたレンズ(?)で写してみたい鳥の一つです。

 

今年も今日で最後。どうか佳い新年をお迎え下さい。

 

ツキノワテリムク  ツキノワテリムク

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm,  no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・ ショウジョウトキ

 

ショウジョウトキ  ショウジョウトキ

 

12月27日に、とくしま動物園で見かけたショウジョウトキ(コウノトリ目トキ科 60cm)です。

 

和名は「猩猩朱鷺」だそうです。「猩猩」を辞書で調べますとオランウータンとありますが、これは関係ありませんので、恐らくは「猩猩緋=黒みを帯びた鮮やかな紅色」から付けられた名前だと思います。

 


『日本の野鳥 590』には「外来種(かご抜け鳥)」として一番最初に記載されています。Wikipediaで調べますと「南アメリカの北部沿岸に分布し、幼鳥は体の色が黒色」だそうです。

 

本当に体全体が紅色ですので、ゲージの中でも一際目立ちました。ちなみに、右下の写真で上側の鳥がクロエリセイタカシギ(黒襟背高鷸)、右側がクロトキ(黒朱鷺)、下がカンムリヅル(冠鶴)です。

 

なお、動物園は12月28日から1月2日まで休館になっています。

 

ショウジョウトキ  ショウジョウトキ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・ チュウヒ(3-b)



チュウヒ  チュウヒ

 

掲載が大変遅くなりましたが、12月23日に出島野鳥園で3回目に現れたチュウヒ(タカ目タカ科 ♂48cm ♀58cm 冬鳥)の続編が残っていました。



このチュウヒは獲物を見つけたのか空中でホバリングしていましたが、どうやら狙いが定まらなかったようです。



チュウヒはヨシ原すれすれにホバリングすることが多いので珍しいと思いましたが、ピンぼけを少しでも誤魔化すために(とても無理ですが)、ノートリミングで掲載しました。

 

チュウヒ  チュウヒ



(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

庭に咲いた・・・・・・・・ ツバキ

 

椿  椿

 

わが家の狭い庭で、ツバキが二輪とサザンカが五輪ほど、ひっそりと咲いています。

 

もうすぐ、メジロやジョウビタキがやって来そうです。

 

椿  椿

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 28-75mm F2.8, triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・ クロエリセイタカシギ

 

クロエリセイタカシギ  クロエリセイタカシギ

 

12月27日に、とくしま動物園で見かけたクロエリセイタカシギ(黒襟背高鷸)です。 

 

半円形の鳥ゲージの中には珍しい鳥たちがたくさん居ますが、アレッ! と思ったのがこのセイタカシギです。

 

徳島でも見かけるセイタカシギと大きさも姿もそっくりですが、頭から背中にかけて(襟が)黒いので、この名前が付けられたのかも知れません。右下のセイタカシギは徳島のハス田で見かけてデジスコで撮りましたが、頭から背中は白いですね。

 

『日本の野鳥 590』には掲載されていませんので、Wikipediaで調べてみますと 「日本には現在、奈良県、京都府、大阪府などに生息しているが、これらは個人が輸入し、飼育・増殖した個体が2001年9月頃から意図的に放鳥されたものと言われている」そうです。

 

ともあれ、羽の黒いのが雄、茶色いのが雌だと思いますが、このあたりも徳島で見かけるセイタカシギによく似ていますので、所変われど品変わらずの感じがしますね。

 

蛇足ですが、動物園で撮影した鳥は野生ではありませんので、私の野鳥リストからは除外しています。

 

クロエリセイタカシギ  セイタカシギ
   クロエリセイタカシギ           セイタカシギ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

動物園にて・・・ ミーヤキャット

 

徳島動物園  徳島動物園

 

来年は寅年。私の6回目の干支でもありますので、虎を見るために昨日(12月27日)、渋野町にある徳島市総合動植物公園「とくしま動物園」へ行ってきました。

 

お目当ての虎はあまり近くに寄ってくれませんでしたが、象、キリン、シマウマ、ライオンなどの他、半円形のフライングゲージ(幅40米、高さ20米)では珍しい鳥たちをたくさん見ることができましたので、順次掲載させていただきます。

 

ミーヤキャット  ミーヤキャット

 

虎は新年にご紹介することにして、先ずは愛嬌のあるジャコウネコ科のミーヤキャットです。

 

説明文によりますと、 「乾燥したサバンナや荒れ地に、直径10cmぐらいのトンネルや巣を掘って生活しています。群れで生活し、日中は主に家族やペアで巣を出て、日暮れには戻ります。尾で体のばらンスをとりながら2本足で立ち上がり、当たりを見回す行動がよく見られますが、天敵になる猛禽類などの捕食者を早期発見するためです。」と言うことです。

 

ミーヤキャット  ミーヤキャット

 

(撮影:Canon EOS 7D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・ チュウヒ(2)

 

チュウヒ  チュウヒ

 

12月25日に出島野鳥園で見かけたチュウヒ(タカ目タカ科 48~58cm 冬鳥)の続きです

 

チュウヒ  チュウヒ

 

チュウヒは一度現れますと、西観察舎の前から折り返して東観察舎の前に来る飛翔を2~3回繰り返してくれるのですが、このチュウヒは一度旋回しただけで、学習舎の上から土手の方へ飛んで行きました。

 

11月23日は午前中にチュウヒが4回来てくれましたので、25日も期待していましたが、結局はこの1羽だけでした。
( The End )

 

チュウヒ  チュウヒ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・ チュウヒ(1)



チュウヒ  チュウヒ

 

12月25日に、出島野鳥園で1羽だけ見かけたチュウヒ(タカ目タカ科 48~58cm 冬鳥)です。



このチュウヒは意外と早く9:43に現れ、9:45までおよそ2分間飛んでくれました。

 

チュウヒ  チュウヒ

 

 
最近のチュウヒは学習舎越えに現れることが多いのですが、このチュウヒはオーソドックスにコートベールゴルフ場の方向からやって来ました。



写真は、東観察舎の前へ来てからの連続写真です。
( to be continued to No.2)

 

チュウヒ  チュウヒ

 


(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・ オオタカ成鳥

 

オオタカ成鳥  オオタカ成鳥

 

12月25日に、出島野鳥園で見かけたオオタカ(タカ目タカ科 50~58cm)成鳥です。

 

このオオタカは、14:01に東側から突然低空飛行で飛来し、あっという間に正面の樹の後ろに飛び込みました。

 

茂みをバックに撮影しますと相変わらずピンボケになりますが、オオタカ成鳥が居た証拠写真として掲載させていただきます。

 

なお、幼鳥は見かけませんでした。

 

オオタカ成鳥  オオタカ成鳥

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・ サンカノゴイ(3)

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ    

 

昨日(12月25日)、出島野鳥園で見かけたサンカノゴイ(コウノトリ目サギ科 70cm 冬鳥)の最終編です。

 

上段の写真はサンカンノゴイ(1)のうち東観察舎の前の葦に潜り込んだ左側の1羽が、12:27:52に僅かに姿を現した時の写真です。20秒ほどで、また姿が見えなくなりました。サンカノゴイはヨシとほぼ同じ色をしていて分かりにくいので、右上にトリミング写真を載せました。これでも分かりにくいと思いますが、矢印で示したように2段目左の写真と同じ位置にサンカノゴイが居ます。

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

2段目以降の写真は、13:21:52に上半身を現した時の写真です。左側がオリジナル、右側がトリミング写真です。

 

13:30:04までおよそ8分ほどあちこちを見回していました。このまま東に向かって飛ぶのではないかと期待していましたが、下段の写真を最後にまた葦原に潜り込んだまま、私が撤退する15:30まで姿を現しませんでした。

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

2段目以降のような状態ならサンカノゴイも見つけやすいのですが、上段のような状況では、そこに居ることが分かって注意していない限り、出島に詳しい超ベテランのAさん、Mさん、Tさんのレベルでなければ、ヨシに潜んだサンカノゴイを見つけるのは至難の業ではないかと思います。

 

私は、たまたま潜んだ場所がが分かっていましたので識別できて幸いでした。なお、ベテランの方々がお使いの500mm F4 のレンズ(通称 ゴーヨン)なら、もっとスッパリした写真が撮れるのかも知れませんが、何しろ高価なレンズですので我慢、我慢の今日この頃です!
( The End  of the photos of Great Bittern wached on Dec.25, 2009)

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

(撮影:Canon EOS 7D + canon 100-400mm)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・ サンカノゴイ(2)

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

昨日出島野鳥園で見かけたサンカノゴイ(コウノトリ目サギ科 70cm 冬鳥)の続編です。

 

サンカンノゴイ(1)のうち東観察舎の前に潜り込んだ左側の1羽は、およそ20分後の12:30頃に顔を出してくれました。

 

Canon EOS 7D と50Dでも写しましたが、先ずはデジスコで撮影したノートリミングの写真です。 いかにも偏差値が低そうなサギですが、アップで見ますと目元と嘴が意外と綺麗なので驚きました。 なお、下の2枚は色をハッキリさせるため少しレベル補正をしました。
( to be continued to No.3 )

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

(撮影:Nikon EDⅢ + Turboadapter 30×WF + Sony DSC-W7, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・ サンカノゴイ(1)

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

今日は、8:45~15:30まで出島野鳥園へ行って来ました。天気が良く風もなかった割には飛びが悪く、チュウヒとオオタカ成鳥を各1羽、サンカノゴイを2羽見かけただけでした。

 

9:30頃にチュウヒが1羽飛んだきり午前中は音沙汰なしでしたが、12:11頃に東観察舎の前からいきなりサンカノゴイ(コウノトリ目サギ科 70cm 冬鳥)が2羽飛び立ちました。

 

左側の1羽は、そのまま東観察舎の前の葦原に潜り込み、右側の1羽は東側の池の方向へ飛んで行きました。集中力が切れていた時に突然すぐ前から飛び立ちましたのでボケボケの写真ですが、その時の証拠写真です。

 

なお、東観察舎の前に潜り込んだ1羽は、12:30頃に顔を出してくれましたので、次回掲載させていただきます。
( to be continued to No.2 )

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・ チュウヒ(3-a)

 

チュウヒ  チュウヒ

 

12月23日に、出島野鳥園で見かけたチュウヒ(タカ目タカ科 ♂48cm ♀58cm 冬鳥)の続編です。

 

このチュウヒは、11:24:06 に3回目に現れたチュウヒです。学習舎前を何度か旋回したあと一度は東へ遠ざかりましたが、また引き返して11:18:42 まで2分あまり飛んでくれました。

 

チュウヒ  チュウヒ

 

同じような写真ばかりですが、かなりの枚数を撮影しましたので、何回かに分けて掲載させていただきます。
( to be continued to No.3-b)

 

チュウヒ  チュウヒ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・ チュウヒ(2-b)

 

チュウヒ  チュウヒ

 

昨日(12月23日)、出島野鳥園で2回目に飛んで来たチュウヒ(タカ目タカ科 ♂48cm ♀58cm 冬鳥)の続編です。

 

チュウヒ  チュウヒ

 

昨日のチュウヒは殆どが空中での撮影になりましたが、珍しく樹をバックに飛んでくれました。

 

同じような写真ばかりですが、次回は3回目に飛来したチュウヒを掲載します。
( to be continued to No.3-a)

 

チュウヒ  チュウヒ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

 

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・ チュウヒ(2-a)

 

チュウヒ  チュウヒ

 

昨日(12月23日)、出島野鳥園で見かけたチュウヒ(タカ目タカ科 ♂48cm ♀58cm 冬鳥)の続編です。

 

チュウヒ  チュウヒ

 

このチュウヒは、11:16:20 に2回目に現れたチュウヒです。東側のヨシ原からでなく、いきなり東観察舎の上空に現れ、学習舎前を何度か旋回したあと11:28:40に堤防の方へ飛んで行きました。

 

チュウヒの鋭い目付きには迫力を感じます。
( to be continued to No.2-b )

 

チュウヒ  チュウヒ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・ チュウヒ(1)

 

チュウヒ  チュウヒ

 

今日(12月23日)、出島野鳥園で見かけたチュウヒ(タカ目タカ科 ♂48cm ♀58cm 冬鳥)です。

 

今日は天気もよく午前中にチュウヒが現れる予感がして、8:15~13:00まで出島へ行きましたが、見事に予感が的中し午前中にチュウヒが4回(9:35、11:16、11:24、11:41)飛んでくれました。

 

チュウヒ  チュウヒ

 

このチュウヒは、9:35:16 に東観察舎前に突然現れて9:36:32 に西観察舎あたりから堤防の方へ抜けていきました。

 

1分あまり飛んでくれましたので60枚撮影しましたが、そのうちの6枚です。左上の写真は最初に見かけた時のチュウヒです。そのまま西へ抜けるかと思いましたが、学習舎前あたりから折り返し、2~3回旋回してくれました。

 

このチュウヒは翼に傷がないタイプと思われますが、4回のうち別個体が飛んだ可能性がありますので、整理ができ次第シリーズで掲載させていただきます。
( to be continued to No.2 )

 

チュウヒ  チュウヒ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

撮影場所(2) 出島野鳥園

 

出島野鳥園  出島野鳥園

 

徳島市から鳴門とは反対側の阿南市那賀川町にある出島野鳥園は、鳴門山展望台と並んでタカの名所です。鳴門山で秋の渡りが終わったあと、11月中旬頃から翌年の2月頃にかけて、出島野鳥園ではチュウヒ、ハイイロチュウヒ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、ミサゴなどが見られます。もちろん、池もありますので大抵のカモ類が見られ、時にはサンカノゴイ、コミミズク、ベニマシコなどに出会うこともあります。

 

徳島市方面からですと国道55号線を南へ走り、小松島市を通過して赤石トンネルを抜け、真っ直ぐ国道55号線バイパスに入ります。500米ほど行きますと左側に「ローソン」がありますので、必要なら食料品を購入します。そのあと、左側にあるガソリンスタンドを2カ所通過(必要なら給油)してローソンから5kmほど走りますと、信号機のある交差点の右側に4~5階建ての「バイオ科学」の建物が見えてきます。

 

出島野鳥園  出島野鳥園

 

その交差点を左折してやや細い道を200米ほど走りますと、突き当たりに「那賀川出島野鳥園」の標識が見えます。駐車場に車を置き、門を入り左側に見えるのが『学習舎』です。ウィークデイは閉まっていますが、毎日曜日の午前9時から午後3時までは野鳥の会の担当者が詰めていますので、初めての方でも色々と教えてくれます。

 

学習舎を通り過ぎて100米ほど行きますと、ここがタカ狙いの写真愛好家にとっては冬のメッカ、『東観察舎』です。学習舎の西側にも『西観察舎』がありますが、見晴らしがよくてチュウヒがやって来る側の『東観察舎』の方が人気があります。

 

出島野鳥園  出島野鳥園

 

鉄筋コンクリートで作られた東観察舎には、正面と左右に20cmほどの間隙が上下に作られています。タカが人の気配を警戒しないように狭い間隙になっていますが、この間隙から見る視界は意外に広く、ベテランの方々は東側からゆらりゆらりやって来るチュウヒやハイイロチュウヒを、およそ500米先から確認しています。

 

正面の樹までは約100米ありますが、ここにはオオタカやノスリなどが留まることがありますので、デジスコで狙うには丁度よい距離です。

 

地元の方にお伺いしますと昔このあたりは海だったそうで、『東観察舎』のうしろ側の堤防に上がりますと『水門』の跡があります。写真のように、この水門からの方が東観察舎から見るよりも視界が広いのですが、タカが人の気配を察知して途中で引き返すことがありますので、寒さに耐えられる限り東観察舎で待機するようにしています。

 

堤防は約500米ありますので、西側も含めますと出島野鳥園は700米ほどのヨシ原ということになります。葦原を好むチュウヒが毎年やって来ることを考えますと、出島野鳥園は結構な狩り場なのでしょうね。なお、ネットのむかい側は、「コートベールゴルフ場」です。

 

出島野鳥園  出島野鳥園

 

とりわけタカの愛好家には絶好のポイントになっていますが、冬の東観察舎は北風が吹き込んで非常に寒いので、これから年末年始にかけて初めてチュウヒやオオタカをご覧になりたい方は、「学習舎」を開いている日曜日をお奨めします。

 

とは言え、出島へ行けば必ずチュウヒやオオタカが見られる訳ではありません。タカにもタカの都合がありますので、 ♪ 寒さ堪え~て♪ 待っていても、タカが1羽も来ない日もあれば、行ったすぐに何度も飛んでくれるラッキーな日もあります。恐らくチュウヒは辰巳方面からやって来るのだと思いますが、出島駅にはタカが到着する時刻表はありませんので、タカとの根比べであることだけは呉々もご承知おきいただきたいと思います。

 

しかし、出島野鳥園は実に意外性があり、時には思わぬ鳥に出会える場所であることは間違いありません。

 

出島野鳥園  出島野鳥園

 

(撮影:2009.12.18, Canon EOS 50D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

吉野川にて・・・・・ シロチドリ

 

シロチドリ  シロチドリ

 

12月20日に、吉野川河口で見かけたシロチドリ(チドリ目チドリ科 17cm 留鳥)です。

 

1羽だけが堤防下の水際をチョコチョコと歩き回っていました。まだ頭頂から後頭にかけて橙褐色みが残り、夏羽の面影をとどめていました。

 

シロチドリ  シロチドリ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・チュウヒは3羽か?

 

  チュウヒ  チュウヒ 

 

今期、私は11月27日から12月18日まで4回出島に行き、その都度チュウヒ(タカ目タカ科 ♂48cm ♀58cm)を見かけましたが、先に報告しましたように、少なくとも2羽は別個体であることが確認できました。

 

その他にM さんが、左翼の下雨覆がめくれた1羽を12月15日に確認しています。同じようなチュウヒは、私も2009.01.23に見かけたことがありますので、出島野鳥園には今期別個体のチュウヒが少なくとも3羽は来ていることになります。

 

上段のチュウヒは2009.11.27 に見かけました。左右の翼に傷らしきものは見あたりませんでした。

 

チュウヒ  チュウヒ  

 

中段のチュウヒは2009.12.04 と 2009.12.08 に見かけたチュウヒです。右風切の4枚目に亀裂があります。

 

下段は2009.01.23 に見かけたチュウヒですが、左翼の下雨覆がめくれていますので、Mさんが2009.12.15 に撮影してブログに掲載したチュウヒと同じではないかと思います。

 

と言う訳で、もしかしたら4羽目のチュウヒが現れる可能性がありますので、羽の違いは出島野鳥園にやって来るチュウヒを識別する際の指標の一つになるのではないかと思います。

 

チュウヒ  チュウヒ

 

(撮影:Canon EOS 40D or 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・・・・  チュウヒ

 

チュウヒ  チュウヒ

 

12月18日に、出島野鳥園で見かけたチュウヒ(タカ目タカ科 ♂48cm ♀58cm 冬鳥)です。

 

この日は10 時頃から東観察舎で待機しましたが、午前中は何も飛びませんでした。午後からノスリ、サンカノゴイ、オオタカ成鳥が相次いで飛んでくれましたが、4時前までチュウヒは現れませんでした。

 

諦めて帰り支度をしていた15:58 頃に、一緒に居た T さんが「退屈しないのが来ましたよ」と声を掛けてくれましたので見ますと、東側のコートベールゴルフ場の上空にチュウヒが見えました。

 

写真は、その時に撮影したチュウヒです。こちらへゆらりゆらりとやって来るのを期待していましたが、何が気になったのか上空を2回ほど旋回したあと東へ戻って行きました。

 

と言う訳で頗る遠景の写真ですが、オオタカ成鳥に加えてチュウヒも見ることができて満足の1日でした。

 

ところで、今期出島野鳥園へ来ているチュウヒは、右風切4枚目に亀裂のあるチュウヒ羽が無傷のチュウヒ左翼の下雨覆が1枚めくれたチュウヒの3羽が確認されていますが、このチュウヒがそのうちの1羽なのか、あるいは別固体なのかは残念ながら確認できませんでした。

 

チュウヒ  チュウヒ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・・・・・・ カモ類

 

オナガガモ  オナガガモ
      オナガガモ           

 

12月18日に出島野鳥園で見かけたカモ類です。

 

出島野鳥園には人工の池が4カ所ほどあります、ヨシやガマが生い茂っていますのでよく見えませんが、お互いに水路で繋がっているようです。

 

冬になりますと、この池には色々なカモ類がやってきます。この日も池にはオナガガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、ホシハジロなどが居ましたが、時々飛んでくれますのでタカが来ない時でも退屈しません。

 

カルガモ  カルガモ
       カルガモ  

 

と言う訳で、カモの飛翔姿を並べてみました。

 

上段はオナガガモ(カモ目カモ科 ♂75cm ♀53cm 冬鳥)中段はカルガモ(カモ目カモ科 61cm 留鳥)下段はヒドリガモ(カモ目カモ科 49cm 冬鳥)です。

 

ヒドリガモ  ヒドリガモ
       ヒドリガモ

 

(撮影:Canon EOS 7D + canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・・・・ ノスリ(2)

 

ノスリ  ノスリ

 

12月18日に出島野鳥園で見かけた、ノスリ(1)の続き です。

 

このノスリは、13:29にやって来てしばらく正面の樹に留まっていましたが、13:32 に飛び立ちました。

 

ノスリ  ノスリ

 

一旦は西へ向かって飛びましたが、学習舎の前あたりで方向転換して東観察舎の前を抜けましたので、連続撮影することができました。

 

鳴門山でも、滅多にこんなに近くは飛んでくれませんね。
( The End )

 

ノスリ  ノスリ

 

撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・・・・ ノスリ(1)

 

ノスリ  ノスリ

 

12月18日に出島野鳥園で見かけた、ノスリ(タカ目タカ科 ♂52cm ♀56cm)です。

 

このノスリは、13:29にやって来てしばらく正面の樹に留まっていました。ちょうど100米ありますので、デジスコで狙ってみました。

 

虹彩が暗色でですので、前にも撮影した同一個体の成鳥だと思います。

 

しばらくして飛び立ちましたので、その様子は次回掲載させていただきます。
( to be continued to No.2)

 

ノスリ  ノスリ

 

(撮影:Nikon EDⅢ+ Turboadapter 30×WF + Sony DSC-W7, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・ サンカノゴイ の?



東観察舎  サンカノゴイ

 

昨日(12月18日)、出島野鳥園で見かけたサンカノゴイ(コウノトリ目サギ科 70cm 冬鳥)です。



2回飛翔姿を見かけましたが、最初の3枚は12:03にいきなり東観察舎のすぐ前から真っ直ぐにむかい側の茂みに向かって飛んで行きました。サンカノゴイは保護色のせいかヨシと紛らわしい色をしていますので、黄色い矢印を付けました。恐らくは、当初から東観察舎の前に潜んでいたものと思われます。



左上の写真は、東観察舎の隙間から正面を見た場面です。サンカノゴイは通常は青色の線のように右側(東側)に向かって戻って行きますが、このサンカノゴイはどう言う訳か黄色の線のように真っ直ぐ飛びました。

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ 

 

見事なピンボケになりましたのでボツにする積もりでしたが、よく見ますと茂みに飛び込んだサンカノゴイの左側にもう1羽サンカノゴイが写っているのに気がつきました。



僅か1秒間の連続写真にも関わらず、3枚目の写真には隣に居る筈のサンカノゴイが見えません。不思議に思ってよく見ますと、非常に分かりにくいのですがサンカノゴイの羽が2枚重なって見えます。

 

ありゃりゃ、もしヨシに隠れていなかったら映倫の規定に触れる写真だったかも知れません・・。 どうやら、このサンカノゴイは餌ではなくて、相手を目がけて飛んだようです。僅か 1秒間で・・・・とは、サンカノゴイもやりますね~。



と言う訳で、敢えてピンボケ写真を掲載しましたが、お口直しに(ならないかも知れませんが・・・)、15:22 に飛んだサンカノゴイを追加させていただきます。

 

サンカノゴイ  サンカノゴイ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出島にて・・・・・ オオタカ成鳥

 

オオタカ成鳥  オオタカ成鳥   

 

昨日(12月18日)、出島野鳥園で見かけたオオタカ(タカ目タカ科 ♂50cm ♀58cm)成鳥です。

 

昨日の気象情報では寒波襲来とのことで、朝7時ごろは徳島市内も小雪混じりの天気でしたが、9時頃から晴れ間が見えてきましたので、寒さを覚悟のうえで出島野鳥園に行きました。

 

ところが、予想に反して昨日の出島はいつもの北風と違って西風のせいか東観察舎には寒風が吹かず、気温が低い割には暖かい(?)1日でした。

 

しかし、期待に反して午前中は昼過ぎにサンカノゴイが1羽飛んだだけでしたが、辛抱した甲斐があり、午後からはノスリ、オオタカ成鳥、サンカノゴイ、チュウヒ(遠景)が豪勢な揃い踏みをしてくれました。

 

写真は、2:26 頃に東観察舎正面の茂みから突然飛び出して来たオオタカ成鳥です。すぐそばを飛んでくれましたが、池のオナガガモを露出±0で撮影していた直後でしたので、不覚にも露出不足になりました(空中での撮影は、いつもは露出を+1にしています)。

 

ちなみに、左上の写真は最初に撮影したままのノートリミング写真です。そのあとの写真は、いずれもPhotoshop Elements で少し明るくしたうえでトリミングしました。

 

ところで、今までの Canon EOS siries の露出は±2まででした。EOS 7D は±3まで広がりましたので、上手に使えば逆光でも何とか撮影可能ですが、咄嗟に変更できなければ宝の持ち腐れになります。

 

今回のオオタカは二度とないチャンスでしたが、痛恨の失敗作になりました。とは言え、M さんと T さんのお陰で、念願のオオタカ成鳥とサンカノゴイを近くで見ることができたのはラッキーでした(感謝!)。

 

オオタカ成鳥  オオタカ成鳥

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

吉野川にて・・・・・ ミサゴ(3)

 

ミサゴ  ミサゴ

 

12月14日に吉野川河口で見かけた、別のミサゴです。

 

このミサゴは魚を捕まえたあと、手前にある青海苔取りの竹竿にやって来ました。恐らくは、この竹竿の上で魚を食べる積もりだったようですが、私が目の前に居るので急に方向転換して仲間が居る遠方の竹竿に帰って行きました。

 

ミサゴ  ミサゴ

 

ミサゴが多い吉野川では、よく見かける光景です。一度だけ手前の竹竿の上で魚を食べているミサゴを見たことがありますが、とても迫力がありました。

 

なお、今回は吉野川の状況を分かりやすくするために、すべてノートリミングで掲載しました。
( The End )

 

ミサゴ  ミサゴ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

吉野川にて・・・・・ ミサゴ(2)

 

ミサゴ  ミサゴ

 

一昨日(12月15日)、昼休みに吉野川河口で見かけたミサゴ(1)の続編です。

 

セグロカモメに追っかけられてシンクロナイズド・フライングをしたあと、一人旅になったミサゴは旋回して青海苔取りの竹竿に向けて帰っていきました。

 

ミサゴ  ミサゴ

 

ところで、このミサゴは胸の暗褐色部が狭く、色も淡いので雄成鳥ではないかと思います。

 

次回は魚を捕まえて得意げに飛ぶ、他のミサゴを掲載します。
( to be contiuned )

 

ミサゴ  ミサゴ 

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

吉野川にて・・・・・ ミサゴ(1)

 

ミサゴ  ミサゴ

 

一昨日(12月15日)、昼休みに吉野川河口で見かけたミサゴ(タカ目タカ科 ♂54cm ♀64cm 留鳥)です。

 

河口には青海苔採取用の竹杭にいつもミサゴが10羽ぐらい留まり、時々エサ捕りに出かけていますが、ハジロカイツブリを撮影していた時に、いきなり正面からセグロカモメ(チドリ目カモメ科 61cm 冬鳥)らしき鳥に追っかけられて、魚を捕まえたミサゴが現れました。

 

最初にセグロカモメがミサゴに追いついた時は飛翔姿がチグハグでしたが、3枚目からは見事にシンクロしましたので、まるで仲の良いミサゴとセグロカモメがシンクロナイズド・フライングをしているように見えます。

 

ミサゴ  ミサゴ

 

セグロカモメはミサゴの雄よりも大きく、ほぼミサゴの雌と同じぐらいの大きさです。この飛翔姿を見ますと、セグロカモメはミサゴから餌を横取りするするために追いかけて来たようですが、モビングしているようには見えませんので、気分を変えてシンクロに切り替えたのかも・・・・。

 

ところで、セグロカモメの成鳥冬羽は下嘴の先端が赤いのですが、このカモメは嘴の先端が黒いので第1回冬羽ではないかと思います。

 

次回は、このミサゴの続編を掲載します。
( to be contiuned to No.2)

 

ミサゴ  ミサゴ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

吉野川にて・ ハジロカイツブリ

 

ハジロカイツブリ  ハジロカイツブリ

 

昨日(12月15日)の昼休みに、吉野川河口でハジロカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科 31cm 冬鳥)を見かけました。

 

中州の手前でカイツブリが1羽潜ったり出たりしていましたので、最初はミミカイツブリかも知れないと思いましたが、しばらく様子を見ているうちに近づいてくれましたので、ハジロカイツブリだと分かりました。

 

ハジロカイツブリは意外と数が少ないのか、私は2006.12.06 に出島野鳥園で見かけたきりです。羽の赤みがなくなり、すっかり冬羽になっていましたが、真っ赤な虹彩が印象的でした。

 

ハジロカイツブリ  ハジロカイツブリ

 

(撮影:Canon EOS 7D + Canon 100-400mm, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

徳島公園にて・・・・・ 冬の花

 

バラ  バラ

 

12月14日の昼休みに、徳島中央公園で見かけた花です。

 

今は花が一番少ない時期ですが、バラ園には未だ何種類かのバラが残っていました。

 

バラ  ツバキ

 

バラ園の横と軟式テニスコートの手前にツバキが咲いており、市立体育館と内町小学校の間には、サザンカが咲いていました。

 

サザンカ  サザンカ

 

(撮影:Canon EOS 50D + Tamron 18-270mm, no triming)

テーマ : スナップ写真
ジャンル : 写真

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で31年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。マラソンや水泳の話も時には挟みながら、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ