精悍な狩人・・・・ ハヤブサ

ハヤブサ  ハヤブサ

 

今日は仕事ですので、「回顧録」です。

 

鳴門山でタカの渡りを見ていますと、よくハヤブサ(タカ目ハヤブサ科 ♂42cm ♀49cm 留鳥)が飛びます。

 

タカ目は、チュウヒ・ノスリ・サシバなどのタカ科と、ハヤブサ・チゴハヤブサ・チョウゲンボウなどのハヤブサ科に分けられています。

 

ハヤブサ科のうち、チゴハヤブサとチョウゲンボウは渡り鳥としてカウントの対象になっていますが、ハヤブサはその場所に居着いている留鳥と考えられていますので、調査対象には含まれていません。

 

同じタカ目ハヤブサ科でありながら、除け者にされて可愛そうですので、これまでに鳴門山で見かけたハヤブサの一部を日記に記録しておきたいと思います。

 

上の2枚は成鳥です。雌雄ほぼ同色と言われています。しいて言えばオスの胸の方が白っぽく見えるそうですので、♂ではないかと思いますが、定かではありません。

 

ハヤブサ   ハヤブサ

 

真ん中の2枚は、体下面に暗褐色の縦斑がありますので、幼鳥だと思います。

 

ハヤブサはカラス(約50cm)よりもやや小さめですが、幼鳥でも実に精悍な顔つきをしています。 

 



隼は狩りの名人です。上空で旋回するか鳴門大橋の橋脚に留まって獲物を探し、とりわけヒヨドリの群れが来ると、猛スピードで追いかけて鷲づかみします。

 

左下の隼はヒヨドリを捕まえています。右側のハヤブサも何か握っていますので、恐らくはヒヨドリだと思います。

 

ハヤブサ  ハヤブサ  


(撮影:Canon EOS 40D + Canon 100-400mm F/4.5-5.6L IS USM, triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で34年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。今は歩きに変えていますが、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ