FC2ブログ

稀に見かける・・チゴハヤブサ

チゴハヤブサ  チゴハヤブサ

 

またまた、「回顧録」です。これでタカの在庫は、オオタカとツミだけになりました。

 

鳴門山で、稀にチゴハヤブサ(タカ目ハヤブサ科 ♂34cm ♀37cm 夏鳥)を見かけることがあります。私にとっては珍しいタカで、これまで6回ぐらいしか見ていません。

 

昨年の春と秋の「徳島県のタカの渡り」を調べてみますと、鳴門山ではサシバが3,267羽、ノスリが2,510羽、ハチクマが430羽観測されていますが、チゴハヤブサは僅かに秋の10羽だけしか記録されていません。矢張り徳島では数少ない鷹のようです。

 

雌雄ほぼ同色、下腹、下尾筒、脛毛が赤褐色なのが特徴で、ハヤブサとの鑑別点になります。オス・メスともにハヤブサより10cmほど小さいのですが、飛翔時は胴体が細くて翼が細長いために、実にスマートに見えます。

 

飛翔姿を見てベテランの方々は、かなり遠方を飛んでも即座に見分けて「チゴハヤ!」と声を掛けてくれます。

 

掲載した写真は、すべて鳴門山で見かけました。上の2枚は、2006.10.07に私が初めて見かけたチゴハヤブサです。いきなり展望台前を急降下しましたので咄嗟に写しましたが、デジカメのモニターで赤い脛毛を確認してチゴハヤブサだと分かりました。

 

チゴハヤブサ  チゴハヤブサ

 

中央の2枚は、2007.04.30に撮影しました。脛毛が赤っぽく、ハヤブサに比べますと、羽が細長くて随分スマートな感じがします。

 

(撮影:Canon EOS 20D + Canon 100-400m L IS USM, triming)

 


 

左下は2008.09.23に、右下は20098.10.11に見かけたチゴハヤブサです。どんな状況で撮影するか分かるように、トリミングせずにオリジナルのままの写真を掲載しました。

 

これくらい遠方を飛んでも、スマートな飛翔姿から、私も最近はチゴハヤブサだと分かるようになって来ました。

 

なお、ハヤブサは「タカの渡り」の観察対象になっていませんが、チゴハヤブサは渡り鳥としてカウントされています。

 

チゴハヤブサ  チゴハヤブサ

 

(撮影Canon EOS 40D + Canon 100-400mm L IS USM, no triming)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリー
プロフィール

ランナー

Author:ランナー
FC2ブログへようこそ!
46歳からジョギングを始めて今年で34年になりますが、走りの途中で見かける野鳥に興味を持ち、平成16年3月から野鳥撮影を始めました。今は歩きに変えていますが、徳島で見かける野鳥を中心に掲載させていただきます。
(Since 2009.02.03)

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ